ラムチョップのステーキの焼き方|自家製のハーブさらに美味しいラム肉になるレシピ

骨付きのラム肉、ラムチョップを購入してみました。

今回はいろいろ入っているお肉セットで購入したのですが、個人的に一番好きなのがこのラムチョップステーキ。そのまま焼いても美味しいのですが、今回はさらに美味しく調理する方法をお伝えしていきます。

関連記事

お得に美味しいお肉をお取り寄せしたいというときに、オススメのお店を知っておくと便利。 今回はアウトドアでのキャンプ、そのメインとなるバーベキューのときにも使えるようなずっしりお得なお肉のセットを紹介します。 ミートガイの1日限定のお[…]

ミートガイ 肉

「自家製ローズマリーのラムチョップステーキ」のレシピ

冷凍で送られてきたラムチョップのステーキ用お肉。解凍したので、早速調理をしていきましょう。(解凍方法は下に書いています。)

ハーブを使って香りを付けたラムチョップステーキ、準備するものは以下となります。

  • ローズマリー
  • タイム
  • にんにく ひと片
  • オリーブオイル 大さじ2
  • 塩 適量(お肉の1%の重さ)
  • 黒こしょう

今回使ったローズマリーとタイムは、我が家の庭で栽培している生のものを使っています。プランターで簡単に育てられるので、お肉好きの方は是非栽培してみてください。味がワンランク上がります。

ただ、普通に市販されている乾燥ハーブでももちろん美味しくできあがります。

味をつけておく(所要時間20~30分)

まず、ラムチョップに塩コショウを振って、ローズマリー、タイム、ニンニクの薄切りを乗せます。

これにオリーブオイルを回しかけましょう。

ハーブの香りをオイルに移すような気持ちでお肉全体にオリーブオイルがいきわたるようにからませます。このマリネの状態にして20分ほど置いておきます。香りがしっかりお肉になじんで美味しく仕上がります。

また、これはステーキ肉全般に言えることですが、お塩は少し多いかなと思えるくらいがぴったりです。肉のうま味を引き出すことができるので、塩の量はお肉の可食部の重さ対して1%ほど入れるようにしましょう。

ラムチョップなら表示の重さの半分くらいになります。骨付きの状態で300gなら可食部は約150gとなり使う塩は1.5gということになります。

ステーキを焼き上げる

ステーキはフライパンで焼き上げていきます。

鉄製のフライパンを加熱して、オリーブオイルをなじませてから焼き上ればOK。比較的薄いステーキ肉なので、十分に火は通ります。

焼き時間の目安は表面1分30秒、裏面1分30秒。表面に焦げ目が付いたら、裏返すくらいの気持ちが良いです。

早めに加熱をやめても、予熱で思っているよりも中まで加熱されます。柔らかく仕上げるには、日の入れすぎには注意しましょう。

鉄のフライパンはくっついて調理が難しいと言う方は、テフロン加工のフライパンでも大丈夫です。

ラムチョップステーキを食べてみた

ちょっと小ぶりですが、肉質が柔らかくて香りもちょうど良い。しっかりと熟成されているのか、旨みもかなりしっかり感じられました。

今回の焼き方ですと、ちょうど切り口がミディアム程度になっていたので、ジューシーさも損なわずに焼くことができました。食感としてはムチムチジューシー。

娘にも出来上がったラムチョップステーキを食べさせてあげました。すると、普通のお肉よりも美味しいと言って、ペロリとあっという間に感触。香りが良くて、お外のご飯みたいだと言っていました。

ミートガイのラムチョップの特徴

今回はミートガイというネット通販ができるお店から購入しました。こちらのラムチョップは、ニュージーランド産のスプリングラムということ。

スプリングラムというのは、ラムの旬である時期に出荷された美味しい羊のお肉ということ。スプリングは英語で春という意味ですね。ニュージーランドの春となる9月~11月頃に出荷されたラム肉ということです。

また、羊のお肉は海外産では、オーストラリアとニュージーランドが主流となります。今回のニュージーランド産の今回のラム肉チョップは、生後4~6か月のもので、フレーバーも少なめ。

実際にラム肉が苦手と思っている方でも、初めての子供でも普通に食べられるほどに臭みのないお肉でした。

 

価格:3,280円(税込)

ラムチョップステーキの解凍について

オススメの解凍は前日に袋ごと冷蔵庫に入れて一晩置いておくことです。チルドルームがベストですが、開け閉めが少ないのでしたら、一般の食べ物を置いておく場所でもOKです。

解凍中に赤い汁もほとんど出ず、鮮度の良い状態で食べることができました。

ラムチョップの栄養について

ラム肉は肉と言うことで、栄養価の高い良質なたんぱく質でできています。

さらに、お肉だと言うのにコレステロールはお魚程度と控えめ。また、コレステロールを減らす不飽和脂肪酸が入っているのに健康志向の方にはぴったりのお肉になります。

他にもラム肉はビタミンB群や、鉄分、亜鉛が豊富ということで、栄養価はとても高いのです。

最近では脂肪の燃焼を補助するというカルニチンが注目されているなど、ヘルシーと美容を考えると上位の食材となるお肉といえますね。

 

まとめ

今回はラムチョップステーキ肉をおいしく調理する方法についてレシピを紹介しました。

油をしっかりお肉になじませておくことで、綺麗な焼き色に仕上がります。またハーブやにんにくの旨みもお肉に入ってくれるので、ラムの香りと合わさってとても薫り高いステーキになります。

今回選んだお肉は私が良く使っているお店のひとつ。ジューシーでとっても美味しいお肉を届けてくれます。

気になった方は、以下のリンクより詳細確認をしてみてくださいね。

 

ラムチョップ ステーキ
最新情報をチェックしよう!
>肉のギフト選びの超・参考資料

肉のギフト選びの超・参考資料

当サイトでは自分の舌と目で確認した本当におすすめできるお肉の贈り物を紹介します。お肉ギフトは誰にでも贈って喜ばれ、健康や豊かな気持ちにつながるものです。

国内ナンバーワンの和牛の情報サイトを目指しておりますので、知りたいお肉などありましたらいつでもお問い合わせくださいませ。

CTR IMG